Coleman(コールマン)アルミクッカーコンボで、キャンプ飯の可能性が大幅にアップ。

こんにちは。本を読む事でストレスを解消するはんみおです。

「家の鍋をキャンプに持って行くのがめんどくさいし、荷物がかさばる!」

嫁さんの抱えているキャンプでのストレスです。

そんな嫁さんのストレスを解消させる為に、Colemanのアルミクッカーコンボを購入。

結果、
嫁さんがキャンプで怒る回数が、ほんの少し減りました。

って事で今回は、嫁さんのストレスを減らした、Colemanのアルミクッカーコンボについてレビューして参ります。

調理器具はとにかくかさばる

キャンプのキッチン用品でかさばってしまう、鍋やフライパン。

大きさの問題もあれば、取手があるせいで非常に収納しづらい物です。

ですが、ファミリーキャンプとなるとキャンプ飯には鍋やフライパンは必須。

毎度キャンプで焼肉なんてやっていられません。

アルミクッカーコンボで全て解決

ここで活躍するのが、Colemanのアルミクッカーコンボ

収納時サイズが、
直径(約)25高さ20cmで、重量は約3kg

熱の伝わりが良いアルミニウム製で、こげつきを防止するノンスティック加工が施されています。

きれいに収納できる上に、鍋やフライパン以外にも活躍するキッチン用品が付属されているのが嬉しい点。

フライパン

直径(約)22.5cm、高さ4cmの大きさ。

取手の取り付けは、赤と黒を開いてフライパンに引っ掛けるだけ。

外す時も同様です。

使用時は、取手が外れない構造になっている為、ある程度ブンブン振り回しても大丈夫かと思います。(周りに何も無いことを確認してから振り回してください)

あと、
嫁さんが実際に使用していて、デメリットに気づきました。

長時間使用していると、取手が熱くなります。

長時間の使用は、手袋が必須です。

ナベ

直径(約)22cm、高さ17cmの大きさ。

アルミニウム製の落とし蓋もついており、キャンプ飯での可能性が色々広がります。

蓋に関しては、フライパンと併用する事はできません。

ライスクッカー

直径(約)19cm、高さ18cmの大きさ。

クッカーで米が炊けるのは嬉しい点。

今までかさばっていた飯盒(はんごう)が、クッカーの登場によって用無しになりました。

目盛りがついているので、
「人差し指の第一関節」という水の量を測るあの儀式ももうやる必要はないです。

ちなみに、アルミライスクッカーはIHの利用ができません。

ザル

クッカーで、ステンレス製のザルまで付いてくるものはなかなか無いです。

パスタ作りなど、料理の幅が広がります。

計量カップ

一合の計量カップ付属。

普段キャンプで持って行く事のない計量カップですが、あるとやはりありがたい。

米の量も測れるし、「目分量」の選択が無くなります。

ケース

ポリエステル製の厚みのあるケース。

蓋の裏にはメッシュのポケットもあります。

ですが、クッカーを収納するとケース内はカツカツになりますので、あまり体積のある物は収納は出来ません。

フォークやスプーンなどが、いい所でしょう。

収納方法

「出したは良いが、収納できない!」

って、トラブルもあり得ます。

出典:Coleman

この画像をスマホで保存しておきましょう。

まとめ

キャンプでキッチン系のストレスをかかえている方も少なくはありません。

ですが、Colemanのアルミクッカーコンボを購入した事により、荷物のストレスを大幅に低減する上に、キャンプ飯での料理の幅が上がります。

キッチン担当の嫁さんも大満足との事。

キャンプ飯に色々挑戦するなら、このクッカーは是非オススメです。