超コンパクトになる、折り畳みケトル!SWAG GEAR (スワッグギア)のクラッシュケトル 1Lをレビュー。

2022年10月24日

こんにちは。努力が嫌いなはんみおです。

「やかん邪魔くせー」

キャンプでいつも私と嫁さんが思うこと。

だが、キャンプで無いと困るやかん。

なので、超コンパクトになるやかん(ケトル)を購入しました。

結論、キッチン系の圧迫が大幅に軽減されて大満足です。

って事で今回は、我が夫婦を大満足にさせてくれたSWAG GEAR (スワッグギア)クラッシュケトル 1Lについてレビューして参ります。

キャンプにケトルは欲しい

肌寒いキャンプでは、温かいコーヒーやココアが最高です。

そんな時に活躍するのが、やかん(ケトル)

我が家は、自宅で使用していたやかんをキャンプに使用していましたが、その無駄な大きさにストレスを感じていました。

また、鍋でお湯を沸かす方法もありましたが、家族の料理に使用する鍋なので、コーヒーを飲むだけには大き過ぎるというストレスも…。

そんな私と嫁さんのわがままを聞いてくれたのが、SWAG GEAR (スワッグギア)クラッシュケトル 1Lでした。

可愛い

とにかく見た目が可愛い。

お湯を沸かしているだけなのに、見ていて癒されます。

カラーバリエーションは現在このカーキ色のみですが、他メーカーで見た目がほぼ全く同じのケトルが、カラーバリエーション豊富な状態でAmazonにて売られていました。

そのメーカー名をググってみましたが、公式サイトも無い謎のメーカー…。

私はなんとなくオススメ出来ないかな…。

クラッシュケトル1Lの仕様

収納時大きさ:15.5cm×15.5cm×4.5.cm
使用時大きさ:15.5cm×15.5cm×11.0cm
重さ:0.27kg
容量:1L
材質:PPシリコン、底部はステンレス製

蓋は恐らくプラスチック製かと思われます。

畳んだ状態での高さが、たったの4.5cmなのでめちゃくちゃコンパクトです。

使用上の注意点

シリコン素材であって、畳める便利さがあるが為に、ちょっとしたデメリットもあります。

火力に注意

火加減には注意が必要です。

底面以外はシリコン素材なので、底面から溢れるくらいの火力で加熱すると、本体を損傷させる可能性があります。

なので火力が安定しない焚き火などで、加熱する事はまず不可能でしょう。

また、IHは非対応です。

蓋が若干閉めづらい

空の状態で蓋をすると、ケトルが「ペシャ」っと潰れてしまいますが、水を入れた状態なら、水の力でケトルの形状を支えてくれます。

なので、水を入れていれば蓋を閉める力でケトルが潰れる心配はありません。

いずれにしろ、
蓋はちょっと閉めづらいので、少しグリグリしながら閉める必要があります。

しっかりと閉まれば、お湯を注ぐ際に蓋が外れる心配など、注ぎ口から変にポタポタお湯が滴る心配も無いです。

あと、注ぎ口は取手の広い方に向けて蓋を取り付けましょう。

目盛りあり

目盛りがついている心遣い。

「MAX SAFE FILL」とは、安全にお湯を沸かせる量を示しています。

ですが、ケトル自体が透明では無いが為に、入れた水の量がどこの目盛りまで入ったのかが判断しづらいです。

なので、あまり意味が無い…。

ストーブで温めると便利

冬キャンプになるとストーブの存在は必須です。

そんな時に、ストーブの上にケトルを置いて温めれるのが超便利。

ですが、鉄製のケトルでは無いので温め過ぎには注意が必要です。

沸騰したらストーブから降ろしましょう。

まとめ

スノーピークのカセットコンロとコラボしたらいい感じになりました。

コンパクトになって、見た目がかわいいケトル。

お湯を沸かしている時間すら、ちょっとした特別な時間になります。

完全にキャンプでの一軍入りです。

って事で、グッバイやかん。