ガソリン車とディーゼル車どちらを選ぶか

2022年6月24日

こんにちは。肌荒れが中々治らないはんみおです。

そろそろキャンプに向けて、車を買い替えようとお考えの方もいるかと。

そこで選択を迫られるのは、ガソリン車にするかディーゼル車を選ぶかです。

どっちでも良いですが、こだわりが無ければ私はガソリン車をお勧めします。

私がガソリン車を勧める理由を、今回ガソリン車とディーゼル車を比較してご紹介していきます。

ガソリンとディーゼルの違いを知っておくべき

ガソリンとディーゼルの違いを簡単に説明すると、使用する燃料が違い、ガソリンはレギュラーかハイオク、ディーゼルは軽油になります。

それ以外にも、エンジンの機構的な違いはありますが、ちょっとマニアックな話になってくるので、ここでは割愛…。

双方どちらも良い面があれば悪い面もあり、もっと詳しくガソリン車とディーゼル車の違いを理解した上で車を購入しないと、

「うわー、これ先に知ってたらガソリン車にしたのに…」

又はその逆、
「これ知ってたらディーゼル車選んでたのに…」っとなりかねないです。

安い買い物ではないので、ガソリンとディーゼルの違いを事前に把握しておくべきでしょう。

では、
ガソリンとディーゼルのメリット、デメリットについて触れていきます。

ガソリン車のメリット

ガソリン車はディーゼル車に比べて、エンジン音が静かで、エンジン高回転域での伸びも良いです。

こだわりが特に無ければ、正直ガソリン車を選んだ方が無難。

また、
ガソリン車にはハイブリッドもあり、燃費がかなり良いので間違いなく経済的です。

ガソリンのデメリット

ディーゼル車に比べて、燃料代が高いうえにハイブリッド車でなければ燃費も悪いです。

これが一番のデメリットとも言えますが、むしろこれくらいしかデメリットは無いです。

他のデメリットを無理矢理挙げても、燃料に火をつける定期交換部品、スパークプラグがある事くらい。

そのスパークプラグの交換すら、現代では10万キロ又は20万キロに1度の交換をメーカーが推奨しているので、大きなデメリットでは無いです。

ディーゼルのメリット

燃費が良く、燃料も軽油なので経済的です。

又、ガソリンと違いエンジン低回転でのトルクが大きく、悪路走行に向いています。

ディーゼルのデメリット

実はガソリン車に比べて、デメリットが多いディーゼル車。

エンジン音が大きい

現代のエンジンも進化し、段々とエンジン音は小さくなりつつありますが、やはりエンジンの構造上どうしても、ガソリン車よりうるさくなってしまいます。

高回転域が弱い

ガソリン車に比べて、エンジン高回転域に伸びが無いです。

ですが、通常に走行する分には、大した気になるほどのデメリットでは無いです。

寒さに弱い

燃料の燃焼機構上、氷点下でのエンジンの始動性がガソリン車に比べて悪いです。

暖気に関してもガソリン車より時間がかかり、真冬は車内が暖まりづらいという、ディーゼル特有の性質があります。

ススが発生しやすい

燃料の問題上、どうしてもエンジン内部やマフラーにスス(燃えカス)が発生しやすいです。

ススが溜まると、エンジン不調やチェックランプなどの点灯に繋がります。

新車からでは、定期的にオイル交換さえ行っていればほとんど影響はありませんが、長期的に見ると10万キロ、又はその前から影響が出始めてきます。

“オイル交換の必要性"についての記事です↓

排気ガスの臭いがキツい

これに関しても、燃料の性質上避けられないものです。

ガソリン車とは違い、鼻に突き刺さる様な臭いがします。

アドブルーの補充が必要

平成29年9月から生産されたディーゼル車は尿素SCRシステムの搭載、つまり排ガスによる公害防止が厳しくなりました。

この機能の搭載により使用者は、アドブルー(尿素)の定期的な補充が必要になります。

要は、アドブルーにより排ガスに含まれる公害物質を抑えるという事です。

1Lあたり約¥200〜500ほどで、自動車整備工場ではエンジンオイル交換と同時に補充を勧められます。

走行中にアドブルー切れが起きた場合、走行不能になる事はありませんが、エンジンを切った際、アドブルーを補充するまで再始動が出来なくなります。

つまり、
排ガス規制により、ディーゼル車はちょっとしたリスクがあるという事です。

まとめ

ガソリン車とディーゼル車の違いを大まかに説明しましたが、なんとなくガソリン車の方が良いと思った方は、多いかと…。

ですが、結局は各々の好みなのでガソリン車でもディーゼル車でも、どっちでも良いかと思います。

自動車の購入は大きい買い物です。

後悔の無い様、気になる車が新しいものであれば、まずディーラーで試乗してみるのが一番でしょう。

キャンプ,

Posted by はんみお