吊り下げ式のMEDIK (メディック)のサーキュレーターが活躍

2022年6月25日

こんにちは。小さい頃よく自動販売機の下を覗いてたはんみおです。

幕内用のサーキュレーターを探していましたが、見た目がお洒落で、我が家の幕に合いそうなサーキュレーターを発見。

なかなか良かったので、今回はMEDIK (メディック)のサーキュレーターについてレビューして参ります。

暖かい空気が上ばかりに…

冬キャンプに石油ストーブを置いて暖をとっていますが、どうもストーブの熱を上手く循環出来ていない。

それもそのはず。

我が家は、サーキュレーターを持っていないのです。

サーキュレーターが有れば、暖かい空気が幕内を循環して、温度が偏るのを防ぐ事が出来ます。

MEDIK (メディック)のサーキュレーターを購入

嫁さんがとにかく欲しいとの事で、購入に踏み切りました。

そして、さっそく問題が…。

中国産で全く字が読めない。

だが、箱に価値がある訳ではないので私には関係のないこと。

本体とプロペラは分解の状態。

よって、収納はすごいコンパクトです。

他の付属品に関しては、

カラビナ、TYPE-Cの充電コード、リモコン(コイン電池付属)、メッシュのケースです。

カラビナは「あー壊れそう」といった正直なわたしの感想…。

メッシュのケースに関しては、口が紐で締めれるタイプなので嬉しい心遣いです。

そもそもケース付きはありがたい。

気になった機能

取説は日本語で良かったです。

“製品使用"の部分が、一部手書きになっていましたが、「むしろ手書きまでして訂正して頂き、ありがとうございます」といった感じ。

ファン本体はバッテリー駆動で、8.5〜25時間使用可能との事。

風力の強さは4段階の調整が可能なので、使用状況によって、使用可能時間はもちろん異なります。

充電時間は約7〜8時間です。

またタイマーがあるのも嬉しい点。

ふつうに自宅でも使えそうです。

実際にキャンプで使用してみた

スノーピークのランドステーションLに使用。

石油ストーブの真上に配置します。

これを使用した時としてない時では、空気の温かさの流れ方が全然違います。

回していないと、天井側に熱が溜まって気持ち悪いです。

ただ、ランドステーション内に設置すると問題が発生します。

回っているファンに、何回も頭をぶつけました。

低い位置にぶら下げる場合は、注意が必要です。

別に、出血を受けるほどのダメージではないので安心して下さい。

“地味な痛み"ってやつです。

まとめ

見た目も可愛いくて、しっかりと幕内も空気循環させてくれる、とても良いギアです。

冬キャンプにサーキュレーターは、あるとないとでは全然違います。

また蒸し暑い夏でも活躍の場があるので、是非オススメ。

ちなみに、カラーバリエーションは他にもあります。