スノーピーク パイルドライバーは使い方簡単。ハンマーは使用しません。

2022年11月20日

こんにちは。キャンプを失ったら恐らく死んでしまうはんみおです。

毎度キャンプには欠かさず持って行くパイルドライバー。

キャンプ場でパイルドライバーを手にするたび、
「本当に買ってよかったな」

と、心底思います。

って事で、
今回はスノーピークのパイルドライバーについてレビューして参ります。

パイルドライバーとは

パイルドライバーは、地面に打ち込むタイプのランタンスタンドです。

素材は、スチール製。

1.7kgの重さで、蝶ねじ部で110〜240cmの長さまで調整が可能。

また、上部の蝶ねじを緩めた状態で、ハンガーの向きを容易に変える事もできます。

三脚タイプのランタンスタンドと違い、地面に打ち込むから足を引っかける心配もありません。

パイルドライバーの使い方

今までパイルドライバーを使ってて、
「それってハンマーで叩くの?」

って、質問を多くされてきましたが、ハンマーは一切使いません!

先端のゴムキャンプを外して…。

ここを握って上下に振って打ち込むだけ。

あとは、軽く揺すってグラつきがなければ完了です。

リアルに5秒くらいで完了します。

むしろ、
「三脚タイプのランタンスタンドの方が、設置に時間がかかるのでは?」

っと思うくらいです。

パイルドライバーを抜くのも、回しながら引っ張れば簡単に抜けます。

注意点

蝶ねじを緩め忘れた状態で地面に打ち込んでしまうと、パイルドライバーが壊れます。

必ず蝶ねじが緩んである事を確認してから打ち込みましょう。

メリット

地面が砂利でも打ち込む事ができるパイルドライバー。

三脚タイプのランタンスタンドに比べてメリットは大きいです。

足を引っかけない

前述してますが、足を引っかけるストレスが無くて本当に助かります。

子供が全力で走った状態で三脚に足を引っかけたら、間違いなく子供は転ぶでしょう。

そのランタンスタンドに燃焼式のランタンが可動していて、運悪く倒れたらと思うと「ゾっ」とします。

抜群の安定感

使用していて、今まで一度もスタンドが倒れた経験はありません。

凸凹の地面でも、安定した状態で垂直を保つ事ができます。

デメリット

地面に打ち込めるからこそのデメリットが存在します。

そのほとんどは、破損です。

石は貫けない

地面が砂利でも打ち込む事は可能ですが、鍛造ペグ並みに強い訳ではないので、対石になるとパイルドライバーが負けます。

つまり、パイルドライバーの進む方向に、周りに押し寄せれない大きな石があると、パイルドライバーの先端が曲がってしまうという事です。

芝サイトにも言える事ですが、打ち込む過程で突然固くなって進まなくなった場合は、無理せずに設置場所を変えましょう。

三脚タイプに比べて壊れやすい

全てにおいて言える事ですが、可動する物は壊れるリスクが高いです。

とは言え、私は購入してから50回以上地面に叩き込んできましたが、全く壊れる様子や変形はありません。

使用には無理をしない事と、確認を怠らないという意識が大切かと思います。

壊れた場合

「ついに壊しちゃったー」

ってなっても安心してください。

破損箇所はスノーピーク店又は、オンラインストアにて単品購入が可能です。

ハンガーからゴムキャンプまで購入ができます。

また、パイルドライバーは3分割になっており、金額も安価な上に構造も簡単な為、部品交換が容易です。

ハンガー部の交換も、取り付け部のボルトを緩めるだけです。

オプションの収納ケースあり

車載の際に、他のギアや車を傷つけないよう、パイルドライバー専用のケースも販売されています。

我が家はケース無しでそのまま使用。

スノーピークのケースがあると、かえってケースの汚れが気になってしまう私。

特にケースが無くてもストレスは感じていないので、今のところ必要としていません。

しかもこのケース、約+¥500支払えばパイルドライバーがもう一本買える金額…。

なんか微妙…。

まとめ

パイルドライバーはランタンスタンドの中でも、本当にオススメです。

絶対に購入しても後悔は無いでしょう。

私がパイルドライバーを使っている姿を見たキャンプ仲間達は全員、パイルドライバーを購入しました。(笑)

使い勝手の良さや、実際に手で握ってみた結果、居ても立っても居られなくなったのでしょう。

今後もし壊れたとしても、私はパイルドライバーを使い続けます。