当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

IGTの収納に困った!ってなれば、ここで解決。

こんにちは。IGT沼に心地良くハマっているはんみおです。

IGTを揃え出した時に生じる問題。

それが、収納。

ステンボックスハーフユニットやメッシュトレー、ガビングフレームなど…。

収納に困難を極めます。

IGT系を収めるケースはさまざまありますが結局、何に何を入れれば良いのか…。

って事で今回は、
IGT一式をまとめる収納について、我が家流でご紹介して参ります。

ギアトートMの問題

出典:スノーピーク

IGTフレーム、ウッドテーブル、マルチファンクションに脚。

これ全てを綺麗に収めてくれるのが、ギアトートM

ただ、これには問題が…。

それは、IGTフレームロングとマルチファンクションロングが収納できない件。

そう考えると、ギアトートMにIGT一式を収納するのは正直微妙なところ…。

マルチパーパストートバッグLを選ぶのが吉

「絶対にIGTフレームロングとマルチファンクションのロングは買いません」

と誓えれば、ギアトートMで十分。

ですが、
IGT沼にハマったあなたは、今後ホントにロングを買わないでしょうか?

非常に怪しいところ…。

そんなあなたに、マルチパーパストートバッグLがお勧め。

IGTフレームとマルチファンクションを入れても、余裕の容量。

作りもかなりしっかりしていて、安心感があります。

脚のケースの選び方

IGTフレームと、マルチファンクションの自立には脚が必要。

ですが、
脚の収納の為に、わざわざギアトートMを購入するのもいかがなものか…。

さらに脚の長さは83cm、66cm、40cm、30cmの4種類。

これらをまとめて収納するとなると、タープなどに使用するポールケースが必要です。

「いや、そんな大袈裟なケースいらんわ」

っとなれば、

これ。

タープとか購入した際についてくる、付属のポールケース。

ただ、これに4種類全ての脚を突っ込むとなると、非常に使いづらいです。

これに入れるのは、83cm(ハイスタイル)と66cm(ミドルスタイル)に制限した方が良いでしょう。

ちなみに、このポールケースをお持ちでは無い方は、大概100均に行けば何とかなります。

40cmと30cmはペグケースが吉

ロースタイルやグランドスタイルに使用する40cmと30cmの脚は、ペグケースに収納するのが便利。

となると、スノーピークのマルチコンテナM。

ですが、しっかりとした作りなゆえ、金額は高価…。

となれぱ、コレ。

UJack(ユージャック)のペグケース。

ジャスト40cmです。(わずかにキツいけど問題無し)

また、底板である板を、しきりとして使用。

30cmと40cmを分けて収納できます。

マルチファンクションの付属品は、ジッパー付きのメッシュの中に収納が可能です。

ただ、
デメリットを上げるとなると、作りはスノーピークのギアコンテナMに比べて、弱いです。

値段相応といった感じ。

シェルフコンテナ50がここで活躍

キャンプでの使い道が無いと判断された、我が家のシェルフコンテナ50。

ですが、ここにきて化けました。

1ユニットのステンレストレー、ステンボックスハーフユニットにガビングフレームなど…。

綺麗に収まる事が発覚。

「こーゆーところがスノーピークのいやらしい所だよね」

と嫁さん。

おっしゃる通りで…。

まとめ

IGTの収納に困っている方は、

  • マルチパーパストートバッグL
  • タープポールを入れるケース(100均でも可)
  • ペグケース(40cm脚が入るもの)
  • シェルフコンテナ50

があれば、綺麗に収まります。

ですが、ギアトートMの収納力は確かに高いので、持っておいても損は無いかと…。結局ですが…。

まあ、
キャンプシーンによって、持って行くケースを使い分けが出来ますからね。

ちなみに今回紹介したのは、あくまでも私のIGT収納方法です。

「こんなのもあるよ!」

って方は、是非コメントをよろしく願いします。