当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

シールドルーフの効果はあります。ただ、状況によっては取り付ける必要は無いです。

2023年11月2日

こんにちは。運転中の腹痛は、この上ない地獄だと感じるはんみおです。

シェルターなどに取り付けるシールドルーフ

シェルターに付属だったり、別途オプション購入が必要だったりと、

「結局シールドルーフって必要なの?」

と、感じる方もいるかと。

結論から申し上げると、必要です。

ですが、活用するシーンは選んだ方が良いです。

今回は、そんなシールドルーフのメリットやデメリットについて簡単にご紹介して参ります。

日差しを抑える

一番のメリットは日差しを軽減して、幕内の温度上昇を抑えれる点。

なのでシールドルーフは、真夏にかなり重宝します。

ですが、肌寒い時期にはむしろ日差しが欲しいところ。

外気温に考慮して、シールドルーフを取り付ける選択をした方が良いでしょう。

結露を抑える

冬キャンプではストーブを使用した際に、天井に結露が発生します。

そこで活躍するのがシールドルーフ。

結露を大きく抑える事が可能。

シェルター内で、インナールームを設置せずに就寝するキャンパーにとっては、シールドルーフは活用した方が無難でしょう。

落ちてくる水滴に目を覚ます事は無いです。

ただ、
天井の結露は抑えれても、シェルター全体は湿ってしまうのは間違いの無いこと。

本体の幕とシールドルーフと、必然的に干すモノが増えます。

干す手間を増やすか、結露した天井をその都度拭き上げるかの選択が迫られるでしょう。

雨の音を抑える

雨の音を抑えれるとは言いますが、はっきり言って多少です。

その多少の為に、干す手間を増やすのもどうなのか…。

まあ、天井に穴を空けてしまった方にとっては、シールドルーフは必須になりますが。

ちなみに、
外気温が低い状況下で雨が降り、幕内が暖かい環境だと結露が発生しやすいです。

これも、シールドルーフの活用で結露は抑えれます。

取り付けが面倒

新幕を手に入れた時は、張り切ってシールドルーフを取り付けますが、それも段々と面倒に…。

高さのあるシェルターだったり、風が強い日などは本当に取り付けが大変です。

状況によっては、無理をしてまで取り付ける必要は無いかと…。

ですが、シールドルーフを取り付けた後は、"やってやったぜ感"に浸れます。

まとめ

私がシールドルーフを活用するのは暑い日のみです。

冬キャンプもする我が家にとっては、年間を通して半分くらいの使用頻度。

暖かい時期にだけキャンプをする方にとっては、シールドルーフは必須なので、まず持っておいて損はないでしょう。