焚き火シートを使用しても焚き火台によっては芝が燃えます。芝へのダメージをゼロに。

2022年7月1日

こんにちは。はんみおです。皆さん焚き火にてこんな経験無いでしょうか?

焚き火台と焚き火シートをしっかりと使用していたにも関わらず、芝を焦がしてしまった経験を…。

はい。もちろん私もやりました。

幸いにも自分の庭のでやりました。

のんきに洗濯物なんか干しちゃって…。

芝に申し訳なくてしょうがない。

まだキャンプ場でやらかさなくて良かったのですが、気持ちが良いものではありません。

って事で今回は、
実体験を踏まえて、焚き火シートと焚き火台を使用していかに、芝にダメージを与えないかを調べました。

キャプテンスタッグの焚き火台を使用

焚き火台はキャプテンスタッグのヘキサ ステンレス ファイアグリルを使用しています。

とても使いやすくコスパも最強です。

先人たちのブログにも、この焚き火台についてのレビューがあるので気になる方は一度拝見してみて下さい。

ただこの焚き火台、購入しても焚き火シート又は、受け皿がセットでついてこないので、焚き火台下に置くもののチョイスはご自身で選ばないといけません。

その選択を間違えると芝に大ダメージを与えます。

この焚き火台の問題点

キャプテンスタッグの焚き火台だけに限りませんが、焚き火台によっては地面との距離が極めて近いものがあります。

この距離感では、受け皿や焚き火シートを置いても熱を遮断する事は難しいです。

又この焚き火台、空気を取り入れる穴が大きいためこの穴から火の粉がバンバン落ちてきます。

落ちた火の粉が下に置いた受け皿や、焚き火シートを加熱させます。

以上の事から、芝にダメージを与えないためにも下に置く受け皿や、焚き火シートの選択が重要です。

耐熱焚き火シート購入

KALILIの焚き火シートMを購入。

耐熱温度は最大800℃。

これなら、たとえ火の粉が落ちても大丈夫でしょう。

落ちた灰の処理も簡単。

と思いきや…。

微妙にダメージあるなこれ。

水気を失ってる…。だめだ…。

って事で、さらにもう一枚購入。

芝の為なら購入に迷いが無いです。

今回は少し大きめのシートを購入して二つ折りにします。

耐熱温度800℃+800℃二つ折りにした事によりさらに+800℃。合計2400℃(アホな考え)。

これで焚き火をやってみて、芝に一切ダメージが無ければ良いのだが。

再びお庭で再燃焼。

2時間ほど燃やします。

芝さん毎度ごめんなさい。

芝の確認は朝まで待ちます。

ノーダメージ! KALILIの焚き火シート2枚使いに加えて、二つ折りは効果ありです。

ただ今回は2時間程度での燃焼で検証したので、それ以上の時間で燃焼し続けた場合、芝の状態はどうなっているのかははっきり言えません。

なので実践する方は、気づいたときに焚き火台をずらしてチラチラ芝の状態を一応チェックしてみて下さい。今回の検証の仕方が100%問題ないとは言い切れないので…。

ここまで読んでもらって結果曖昧にしてごめんなさい。

ノーダメージ!と思っていたのですが…。

まさかの2日後になって、突然焚き火のした箇所だけ枯れ始めました。

嘘でしょ…。

って事は、もしかしたら今まで使用させてもらったキャンプ場は、すべて芝にダメージを与えていたのか…?

そもそも我が家の芝が病気だったかもしれませんが、
いずれにせよ、このままの状態で焚き火台を使うのは難しいです。

もう次に打つ手は焚き火台ごとの底上げ。

それでも効果が見受けられないならこの焚き火台は…。

まとめ

間違いなく言えることは、キャプテンスタッグの焚き火台は、耐熱焚き火シート一枚又は、受け皿1個だけを使用しても芝にダメージを与えてしまいます。

それ以外の焚き火台も注意が必要です。

今一度、使用している焚き火台には、リスクが無いのか確認してみて下さい。

皆さんがお世話になっている芝サイトを、皆さんで守っていきましょう!

自分が一番気をつけないと…。