【レビュー】スノーピーク グランベルクLのサイズ感と快適性が家レベル

2022年10月12日

こんにちは。処理速度の遅いパソコンは心から嫌いなはんみおです。

スノーピークのグランベルクL。

初めて外観を見たとき、
「家じゃん」

って思いました。

また、幕内は、
「昔のウチの実家より快適だな」

とも思いました。

今回は、私の昔の実家より快適そうなグランベルクLについてレビューして参ります。

グランベルクとは

「ゆったりと自然を楽しむ、豊かに過ごす」をコンセプトに開発された、スノーピーク史上最大の贅沢なロッジ型シェルター、グランベルク。

シェルターとはいえど、メインポール3本と、サブポール6本で構成されているので、

タープに近い立ち位置です。

グランベルクは、MサイズとLサイズが展開。

出典:スノーピーク
出典:スノーピーク

本記事では、Lサイズのグランベルクを中心に紹介していきます。

付属品

インナールーム、グランドシート、メインポール(×3)、サブポール(×6)、ジュラルミンペグ(21cm×10)、自在付ロープ(二又用10m×2、 2.5m×6)、ループベルトシームグリップ剤、キャリーバッグ、インナールームケース、ポールケース、グランドシート ケース、ペグケース。

が付属。

ポールにインナールーム、グランドシートが付属なのは嬉しい点です。

勿論、グランベルクMも付属品は変わりません。

ペグが足りない

グランベルクの設営には、ペグが最低でも20本必要になります。

「え、付属のペグ10本足りないじゃん!」

そうなんです。

付属のジュラルミンペグは、本体ボトム部の各コーナーにあるペグダウンループと、前後パネルのボトムにあるゴムループに使用する分しかありません。

つまり、ロープ部10箇所のペグにいたっては別途購入が必要になります。

ケチっぽく感じますが、コレにはちゃんとした理由があります。

ロープに使うペグは、強靭である必要があるからです。

なので二股ロープに使用するペグ4本は40cmの鍛造ペグを。

その他ロープ6本は、30cmの鍛造ペグを使用しましょう。

ループベルト

ループベルトは、天井にLEDランタンなどを引っかけるハンギングチェーンの役割をします。

これが付属でついてくるのは嬉しい点です。

シームグリップ

必要に応じて縫い目にシームグリップ剤(目止め液)を塗布する必要があります。

縫製部分にはシームテープによる防水処理が施してありますが、本体のベンチレーション部やファスナー部、インナールームのボトムシートの一部は製造の都合上、または構造上、シームテープが施せない部分があります。

詳しくは取扱説明書に記載されていますが、そんなにめんどくさいモノでは無いです。

むしろ、
「シームグリップまで付属にしてくれてありがとう」

といった感じです。

スペック

付属のポールの太さは、メインポールΦ30mm、サブポールΦ17.5mmです。

本体幕は、300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧2,000mmミニマム

本体生地にはコットンの質感のようなテカリのない風合いと質感を持つポリエステル生地を新たに採用してます。

今までスノーピークで採用していた生地とは違い、厚くて丈夫ではありますが、その反面重いです。

勿論、コットン素材では無いので染み込む事なくしっかりと撥水します。

ですが、濡れたら干す必要があるのは通常の幕と変わりません。

幕のデカさを考えると、干す手間はあまり想像しない方が良さそうです…。

にしても、この新しい質感の幕には魅力を感じさせます。

また、
今までのスノーピーク幕とは違い、幕の色合いや自在ロープのデザインまで変更されています。

間違いなくキャンプサイトでは目立つ事でしょう。

大きさ

とにかくグランベルクLは大きいです。

私の愛用幕、ランドステーションLとほとんど大きさが変わりません。

ガイロープの分も考慮しつつ、設営場所にはかなり余裕のあるサイトを選ぶ必要があります。

重量

29.5kg。

むちゃくちゃ重いです。

「設営場所までちょっと歩きます」

となったら苦行です。

ちなみにMサイズでも24kgあります。

設営

「絶対に設営しんどいしょ!」

って思いましたが、そんな事もありませんでした。

タープを設営した事がある方なら、初めての設営でも余裕です。

タープを設営する工程にメインポールが1本増えた事に加えて、サブポールを6本差すだけ。

大変そうに見えるのは、見た目だけです。

快適性

なんせ室内は広い!

インナールームを設置しても、全く圧迫感を感じさせないリビングの広さです。

椅子やテーブル、その他クーラーボックス等のキャンプギアを置いても大人6人は超余裕。

4人家族の我が家には、広すぎる空間です。

前室ではない後室

グランベルクには、インナールームの後ろに前室ならぬ後室が存在します。

しかも大人2人は入る、まあまあな広さ。

想像力の悪いわたしは、この後室はキャンプシーンで何に有効活用できるのかが、全く想像ができませんでした。

とりあえず、後室あります。

通気性

左右サイドの大型メッシュ4枚が、幕内に空気の流れを作ります。

左右のメインポール部にベンチレーションが完備。

スカート付きの幕なので、メッシュをフルクローズすれば、シェルター内で暖を取ることも可能です。

跳ね上げ可能

サイドのメッシュ部を跳ね上げる事により、リビングをさらに解放的にする事ができます。

跳ね上げの際に使用するポールとロープは、別途購入が必要です。

屋根に水がたまらない工夫

グランベルクの屋根は雨が溜まる事も…。

ですが、
この部分にロープを結び、ロープ先をペグダウンすれば、屋根に水が溜まらずにスムーズに排水する事が可能です。

インナールーム

見た感じ、収容人数は大人6人でも余裕に感じました。

4人家族の我が家には、持て余すほどの広さです。

インナールーム通気性

インナールームの通気性にいたっては、大型のメッシュが4面完備。

就寝時の夏場の寝苦しさを軽減させてくれます。

また、メッシュ下の左右には収納ポケットも。

インナールームのこのポケットは、何気に役に立ちます。

インナールームデッドスペース

インナールーム設置後のデッドスペースは、ほとんどありません。

無駄なく寝室を広く使えます。

まあ、前述した後室が実は「デッドスペース」と呼ぶのではないかと…。

インナールーム設営

グランドシートを敷く

→インナールームを広げる

→バックルをカチン

→フックをかける

→完了

この簡単な説明であまり想像は出来なかったとは思いますが、大丈夫です。

グランベルクのインナールームの設営は非常に簡単だから、簡単に説明したまでです。

インナーマット

インナーマットはオプションで別売りになっております。

個人的な意見ですが、インナーマットは必要ないかとは思います。

インナーマットではなく、エアーマットを購入しましょう。

まとめ

スノーピークからの新しい幕、グランベルク。

見た目良し、快適性も良し、設営もそんなに苦ではない、むっちゃ広くて最高。

キャンプ場にそびえ立つ家です。

「こんなにデカくなくていいけど欲しい!」

って方はMサイズがオススメって感じでしょう。

ちなみに、MサイズとLサイズの金額差は約¥50.000ほどです。

我が家は、贅沢な超ゆったりとした空間が欲しいので、Lサイズがいいかな…。