ポールケースはユニフレームがおすすめ。安くて使い勝手に申し分なし。

2023年1月21日

こんにちは。お金持ちになったら、まず全身脱毛を選ぶはんみおです。

タープ付属のポールケース袋から、ポールを探すのにこんなストレスが…。

「中間の70cmポールはどれじゃ!?」

ってなって、

結局、全部出しちゃうってやつ…。

解決法は一つ。

ポールケースを買うことです。

ユニフレームのポールケース

わたしがポールケースに求めることは5つ。

  • ポールが出しやすい
  • 使用したいポールがひと目でわかる
  • 丈夫なつくり
  • 汚れが目立たない
  • 20本は入れたい

当初はスノーピークのポールケースの購入を視野に入れていましたが、ケースが明らかに汚れが目立つ色。

完全に不採用…。

そこで出会ったのが、ユニフレームのUFポールケース800

わたしの求める条件に、パーフェクトです。

収納可能な長さと本数

分割タイプのポール70cmの長さまでは、余裕で収納可能。

分割したスノーピークのウイングポールを24本入れて、ジッパーが若干閉めづらくなるレベル。

つまり、ウイングポール24本までギリギリ入ります。

生地がしっかりしている

汚れが目立たない黒い生地。

材質は、ポリエステル1680Dというしっかりした生地を採用。

手荒に扱わなければ、まず破れる心配はないでしょう。

ケース内に土汚れなどが発生しても、濡れ雑巾で容易に清掃しやすい素材になっております。

小さなポケット

片面に小さなポケットがついています。

ジッパーがないから収納物を入れても無くしそうなのが難点。

何を入れるかは微妙な判断かと…。

安価

他のメーカーのポールケースに比べて金額が安価です。

スノーピークのポールケースに比べたら、ユニフレームのポールケースが2つ購入できるほど。

まあ、スノーピークのポールケースが高価なだけかもしれませんが…。

まとめ

使用するポールを探すのに毎度不便に感じていましたが、ポールケースを購入した事によって今後そのストレスは無さそうです。

スノーピークのランドステーションLを使用している我が家にとっては、ポールケースは必須でした。

同じ悩みを抱えている方は、安価で使い勝手の良いユニフレームのポールケースが是非オススメです。