当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

リビングシェルロングPro. 我が家のレイアウトはこれ。

こんにちは。スマホの保護フィルムをすぐに割るはんみおです。

「リビングシェルロングPro.は欲しいが、幕内のレイアウトが想像できません」

って方に、我が家のリビロン内のレイアウトを4パターンでご紹介して参ります。

ちなみに、そんなにお洒落では無いです。

参考程度によろしくお願いします。

4人家族でのレイアウト

もう、ほぼお座敷スタイル一択。

子供を連れてのキャンプはコレが楽でしょうがない。

謎のタイミングで発生する子供の着替えなども、わざわざインナールームに行く必要がありません。

使用しているテーブルは、スノーピークのIGTフレームロング

4人家族には、コレ一つで特に問題は無し。

脚の高さは300mmにすれば、ストレスの無い高さです。

我が家のお座敷スタイルの作り方は、以下のリンクにてご紹介しています。

棚や収納に関しては、
ステンレスキッチンテーブルに、マルチファンクションロングを選定。

上着をかけたり、ギアを収納するのに大変便利。

これにより、幕内のごちゃごちゃ感は一掃されました。

ステンレスキッチンテーブルについても詳しくレビューしています。

デュオキャンプでのレイアウト

インナールーム無しスタイル。

インナールームは、無駄に空間を取られる上に、寝室のセッティングが面倒です。

よって、コットスタイル。

使用しているコットは、スノーピークのハイテンションラックソット

双方、椅子としても使用するので、他に椅子を出す必要もありません。

テーブルもロースタイルに合わせた、エクステンションIGTを選定。

このテーブルだけで、卓上はかなり広く使えます。

ハイテンションとラックソット、エクステンションIGTの詳細についても、良ければ参考にしてみてください↓

ソロキャンプでのレイアウト

無駄に広い。

なので、レイアウトもクソも無いです。

好きなギアを好きなだけ設置してください。

ちなみに私は、
空間の寂しさを埋める為に、ローチェア30を設置しました。(誰も座らんけど)

冬キャンプのレイアウト

これも、お座敷一択。

ただ、底冷え対策が必要です。

なので、
Colemanのリビングフロアシートの上に、アメニティドームのインナーマット

その上にカーペットを置いて、底冷えを回避しています。

圧迫される幕内

ストーブが2台体制になる為、必然的に幕内が狭くなるデメリットが生じます。

フロントパネルは基本使用しないので、フロントパネルを封鎖し、そこにギアを置く形。

これにより、幕内は割とストレス無く4人で過ごせる環境に。

幕内の出入りは、リビングシェルロングPro.のサイド部分。

このサイドの出入りが、冬キャンプにはかなり活躍します。

ちなみに、IGTフレームロングとマルチファンクションロングを横置き設置してしまうと、サイドの入り口が閉鎖されます。

よって、斜め置き。

マルチファンクションを接続しても、ロングは選定しない方が良いでしょう。

まとめ

「リビロンを買ったはいいけど、レイアウトが思った通りにならなかった…。」

って、問題は恐らく発生しません。

何故なら、
リビングシェルロングProは、春夏秋冬どんなスタイルにも対応できるから。

かなり高価なシェルターではありますが、購入して後悔は無いでしょう。

後悔しない理由は、ココにあります↓

ちなみに、
レイアウトなんて買ってから考えるんですよ。

だって、それが楽しいじゃないですか。